Voightlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical を買った(再チャレンジ)

再チャレンジです(前回の様子

書い直したぞ。

やっぱりこのレンズは強い。

様子

箱、再び。

再びの「weil das Objectiv so gut ist – なぜならレンズがとても良いから」

レンズフードは金属
でかい。

撮った写真

もっとでかけたいものです。Lrでフィルターに「Velvia 100 –」をかけてるものがあります。

初めての野外爆走はいはい

めっちゃいい。撮ってて楽しい。

所感

撮っててだいたいキマる。このレンズかんたんにキマるからやばい。

自分的には50mmより先はもう中望遠という感じがあって、標準というよりも中望遠な気持ちで使うとハマることが多かった。なので遠くから狙いに行く感じで体感的には50mmより85mmの心持ちに近い感じがする。ただ85mmより被写体との関係性は近いなという感じがする。

色は加工せずとももうそれでよくない?みたいな感じで出るし、ボケも自分としては申し分ない。特にハイトーンの白の粘りはすごくて、眩しいのに色飛んでなくてちゃんと残っててすごいなーと思う。一番上の写真だけど、ここ10年くらい生きていてはじめて玉ねぎさんめっちゃかっこいいっすね!って思った。

残念というかただただ私の生活の問題なのだけど、中望遠は日常ではなかなか使うタイミングがないためいざというときの武器って感じになりそう。あと重いから「写真取るぞ!」という気持ちにならないと持ち出せない。あとこの解像感はα7よりα7IIIのほうが効果良さそうという気がする。

あとはハーフマクロ。中望遠系は寄れないとか結構多いけど、これは1/2まで移せるから機動性も良くて最高。

これは本当に自分の上でとか関係なくシャッタが押せればいい写真が撮れる。「なぜならレンズがとてもいいから。」

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください