Sony SEL85F18

はじめに

FE85F18。いつかは買おうと狙っていたんですが、まだ先かなと思ってました。

たまたま、マップカメラで47000円の状態のいい中古在庫を見つけてしまいました。本当は先に買おうとしていたZeiss Batis 2/40の価格が今すぐ手が出ない価格だったことと、在庫がなかなか戻らずというのがあり、つに先日このレンズを入手してしまいました。


届いて3日で、撮影がすこしだけまとまった量できたので一部をこの記事で紹介しようと思います。

お写真

基本的にAFでマニュアル撮影です。ホワイトバランスはオート。明るいとか暗いとかは私の実力の無さでございます。JPG撮って出しです。

散歩

会社に持っていってお昼休みに散歩がてらとってみたもの






雑に撮ったんだけど、前評判で調べていたとおりただ取るだけで結構それっぽく写ってしまう。

コーヒーカップ

F値をちょっと変更してる。1.8/4.0/8.0e

F1.8

F4

F8

ほぼ最短で取ってるのでコーヒーカップ以外ボケてる。1.8はほぼ何も写ってませんね。

某夢の国

某夢の国に連れて行かれました(過程の平和を守るために有給使う)

ミキさん

ピント外してしまった

ジャック・オ・ランタン飾り

かわいかった

髪の毛の線

すこし距離のあるところからパレードを

バルーン

夕方のシンデレラ城

パレード

ライトが照らされるとホラー

ミキさん

ラプンツエルの車

端を渡ってるみたいだけどパレードカー

夜の美女と野獣

オラフが怖い

玉ボケが外側に向かってレモンに変わっていく

ディスプレイ。このミッキーがかわいい

被写界深度浅い

開放と人々

雑感

前評判通りやっぱりピントが合った部分の解像感がすごい。特に開放で撮ったときの解像とボケの差がすごくて、またはなめらかなおかげでめっちゃ浮来立つような写真が撮れてすごい。

自分の用途だと風景を撮ることがあまりなく、ほぼ対象を一つ絞ってフォーカスを当てるような写真のとり方をするため満足度が高い

良いと感じたところ

個人的に使っていて良さを感じたところ

  • 開放でフォーカスが合ったときの解像感がすごい
  • いい感じの光が入ったときの写真の印象が良い
  • 85mmという距離がちょっと離れても良い大きさで取れる
  • ポートレート向きの中望遠、なるほど、という気持ちになった
  • 逆光で撮ってたと思うんだけど嫌な感じのフレアとかコントラスト落ちが自分基準だとなかった(もっとも自分はあんまりそういうの気にしないので参考にならない)

逆に使いにくかったところ

以下の2つが致命的に自分には使いにくかった

  • 最短撮影距離80cmが自分には厳しかった
  • 室内でフットワークがうまく撮れない環境では撮りたいように撮れない
  • 光のコントラストがあまりない状況だと、なんとなくつまらない写真になってしまう
  • 自分の目が50mm付近の画角に最適化されているので、結構な頻度で位置をさがる必要があった(慣れの問題か?)

自分の棲み分け

こんな感じかなと思いました。

  • 撮る対象・目的が明確な場合
  • 被写体の写真内占有率が高めの時(風景とかじゃないとき)
  • 比較的フットワーク軽く動くことが可能な場合
  • 若干の距離をとって被写体と向き合うことが可能な時

スナップは自分的にこれを持ち出すのはちょっとしんどいかも。だけど人を撮ったり、人と同程度の大きさの被写体を撮ったりすることがわかってる場合は、今あるレンズの中ではこれが一軍で頑張ってくれる手応えがありました。

もうちょっと85mmに慣れが必要と思われますが、噂通りコスパが高く自分にとっては最高のレンズでした。人を撮った写真をみてもらった、カメラマンの人にいい写真と褒めてもらって、これがレンズの力…という気持ちを感じました。

50mmの最短撮影30cm以下のAF単焦点がほしい(Batis 2/40が最有力候補)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください