Carl Zeiss Planar 50mm f1.7 MMJ


eBayで競り落とした「Carl Zeiss Planar 50mm f1.7 MMJ」でちょっと近場を撮ったのでファーストインプレッション的な写真を一枚。

端的に感想

オールドレンズって言うことですが、全然オールドレンズ感無い。めちゃくちゃちゃんと映るし発色も現代っぽい印象。近寄れないのは言われている通りテーブルフォトだと厳しいですけど、その他のシチュエーションや歩いている時は全然気になりませんでした。

様子





他の人もよく書いてますけど、黒レンズはα7と相性良いですね。マウントアダプターは格安のK&Fのマウントアダプタを使用しています。

写真

何枚か撮った写真を載せておきます。普通に高精細だし、開放のf1.7はボケ幅の関係で撮る環境を選びますが2.8のボケ味が個人的に好きです。

f2.8だった気がする

α7のモノクロモードで(ちょっと設定弄ってる)


形態の油が汚くて申し訳ないんですが、携帯の画面の汚い感じとかよく出てて(辛い)財布の光沢があるところの革の質感もきっちりでてる。これとこれ以下はF4で撮ってます。


焼く前の焼き肉定食


間違えてAPS-Cモードになっていて多分画角は75mmぐらいになっちゃってます。お肉の光沢。


ペンギンさん。


ガラスの質感(これもまた汚れですが)とか金属の光沢になんとなく目が言ってしまうレンズ。


スーパーにこんなのぶら下がってたけどなんだろうこれ。オートフォーカスは当然なく、電子接点がないためMFを動かしているときのズームとかはないですが、ちゃんとピン来てますよね。


スプラトゥーンのパンツ。子供用だったので購入はできず 笑


これF8かな?もしかしたらF4かもしれない。コンクリートの白と格子の白と細さ、植物の茎の細さそれを映す影野細さとかいろいろなものが混ざってますがくっきり精細な感じ。


色のコントラストも派手め(カメラ側の設定がVIVIDなのでそれもあります)。発色良い。


ユニクロの階段の手すりとガラス。ステンレスってきれい。

感想

冒頭で書いたとおりしっかり映る。繊細に映る。現代のPlanar loxia 2/50のほうがやっぱり絵の迫力があったけど、十分に高精細なレンズだった。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください