1兆ドルコーチを読んだ

[エリック・シュミット, ジョナサン・ローゼンバーグ, アラン・イーグル]の1兆ドルコーチ――シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え

概要

やたら色々なところでおすすめされており、発売と同タイミングで出ていた記事なども相まってとりあえず積んでいたので読んだ。

感想

コーチングの文脈をほのかに期待して読んでいたけれど、いわゆるコーチングの教書ではなくて紛れもなく ビル のお話だった。コーチングというよりも本当の価値にチームでどう取り組むかに正面中の正面から取り組んだ、取り組んだというかビル自身がもはや正面だった。そんなお話だなーと感じました。

いくつか線も引いていて学びも合ったけど、ビルという人の物語として呼んで心のどこかにビルを住まわせたほうがビジネス本として読むより有益なんじゃないかなと感じましたが、これは主観です。呼んだ皆さんはどんな感想なのでしょう。

あとこれ、人を動かすのあとに読んだの個人的にめちゃくちゃいい流れだったなと感じたりしました。

わたくし意識が低いのため単純にインターネット会の偉人たちがたくさん出てきて物語として面白いので軽い気持ちで読むのがいい気がしました。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください