RustでHello World

最近エモいのばっかりだったので、しょうもないけれどもRustでHello World. 何事も一歩から。

hello_world.rs というファイルを作成し以下を記述。

fn main() {
println!("Hello World!");
}

以下のコマンドでコンパイル

$ rustc hello_world.rs # コンパイル成功するとhello_worldというファイルができる
$ ./hello_world
Hello World!

Hello, Rustsian!


余談ですが、Rustを以前インストールしてからかなり日がたっていたので、updateをした。それもメモ。

$ rustc --version
rustc 1.19.0 (0ade33941 2017-07-17
)$ rustup --version
rustup 1.5.0 (92d0d1e9e 2017-06-24)
$ cargo --version
cargo 0.20.0 (a60d185c8 2017-07-13)
$ rustup update
$ rustc --version
rustc 1.26.2 (594fb253c 2018-06-01)
$ rustup --version
rustup 1.11.0 (e751ff9f8 2018-02-13)
$ cargo --version
cargo 1.26.0 (0e7c5a931 2018-04-06)

cargo さんが0系から1系になっている。どんだけ何もしてなかったのかという。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください