万全で走れる日はおそらく来ない

プロダクトの開発に関わっていて常に感じるのは、体に色々な重りがぶら下がった状態でプールを全速力で泳いでるという感覚。

何をするにしてもトレードオフがありがちだったり、やりたいと思ってることよりやらないといけないことが多かったり、そのやりたいことがやれてもブロック要素があったり、とかく基本的には何らかの糸を解しながら物事を進めることになるわけです。これは何かに挑戦しているほどしょうがないというか向き合うほかないもののように感じる。

なので、組織とかチームとか個人とかが糸を解しやすかったり一緒に解してくれたりするのはすごく大事なことだと思うわけです。間違っても糸をきつく縛ったりはしたくない。その点今働いている会社はありがたいところが多いと感じる。

じゃあ糸が解れたらあとはちょろいかというと全然そんなことなくて、糸を解いた先に2本の選択肢があってこっちの糸はあと二年しか持たない、こっちの糸は鉄製で加工が大変…とかとか自分たちの織物がどの糸で織られるべきか限られた選択肢の中でいつだって選び続けなければいけない(しかも速やかに)。

だいたい完璧な選択肢はなくて、加えて元の織物も一部ほつれていてそれを直すのか一旦これを作ってから直すのかとかも選びつつ今度の織物は壊れると影響がでかいから鉄製で…(実際の織物でそんなものはないとおもうけど)これはタフだなーなどと思って、とにかくそれでも作って、使って、わかって、また作ってっやってくわけです。

万全な状態で完璧な織物が折れる日はおそらくしばらく訪れないだろうなと思う。何かに耐えながらとにかく前へ前へ行くのだと思う。

完璧な選択肢や自身が万能じゃない以上、持てる武器でその時の最良を選んでくしかない。バランスおじさんとか揶揄される時もあるけれどトレードオフがある時点でバランスを考慮しないで判断するのは無責任だしある課題の解決に対して100%リソースを振る判断をしてもそれは間違いなく何かを捨ててるはずだから、結局バランス取ってる。ここを無視してる判断を自分は信用できない。

とにかく今と未来について情報を集めて短期間で一生懸命考える。必要があれば言葉を尽くす。外野の野次には耳を貸さない(意見は別)、だってあなたが一番考えてるはずだから。悩みすぎても完璧な答えはない、万全で走れる日はおそらく来ないのだから。

皆で戦って参りましょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください