財布を買い替え、私は34となりました。

おそらく6年ぶりに財布を買い替えました。特に不自由はなかったんですが、なんとなく今のタイミングのような気がして買い替えました。

以前の財布は、mywalletというものでモノクロ+カラフルがすきな自分にとってはこれ以上ない財布でした。ポケットがカラフルで一目惚れだった。

ぱっとみは黒の財布なのだけど、開くと中はカラフルというところが非常に良かった。ポケットがめちゃくちゃ多くて普通に使いやすかった。

この財布を買い替えた時は公私ともに非常に波乱な年だったような記憶がある。これはネガティブな意味の波乱でそう思うと人生はめちゃくちゃに変わった。

新しい財布はこの財布を買う前に、中目黒のVaseというセレクトショップ?で売っているのを見つけたときにめっちゃかっこいいけど値段的に買えないとなった財布で、使い勝手も若干怪しいところもある気がしてたんですがなんとなく「今」なのかもしれないという謎の啓示があってさがし始めました。

探し始めたんですが、なにせ6年よりもさらに前の記憶なのでそもそもどこで売ってるかがわからずVaseからたどっていったらmacromauroというブランドで販売されているということを知りました。

このお財布は革なんですが表面がビニールコーティングされたところにペイントがされていて、全ての財布は違う柄になっています。調べていただくとわかるんですが、本当色合いから模様まで何から何まで違う。

中はこんな感じで結構分厚目の革。若干扱いづらいぐらいにちゃんとした革。ヌメぽいから色がだんだん濃くなっていく感じかな。それよりも先にビニールのところが黄ばんでいくらしく、ソッチのほうが色づきとしては早そうだなという気がします。

この6年で私は当時長くお付き合いしていた人と別れ、別な方と付き合い、同棲し、転職をして、結婚をして、職域も変わり、今子供がいる。たぶん人生で一番変化が多い6年でした。

本当は前回がカラフルだったので落ち着いた単色の革財布を購入する予定でしたが、何故か真逆に言ったこの財布。一方人生は今の所あと2年は引き続き変化が激しいままになりそう。この財布を購入していたのは、「まだ落ち着かないぞ」とか「大人らしくとか知らん」という内的欲望の具現なのかも知れない。

とか思いました。しらんけど。

が、今回の財布は外は派手派手ですが中は割としっかりして落ち着いているので、そういう意味では中身の成熟と激しさを併せもってたりする。また六年後とか財布を買い替えたときに振り返られるような時代にしたい。

先日34歳となりました。30代半ばらしくない感じで頑張っていきたいと思います。


余談1:こちらのお店で購入しました→ https://casagucca.stores.jp/
余談2:財布がかなりでかいので小さいコインパースも買いました→ https://e-y-l.com/items/52fb83593e7a4a1ba1000119

52fb83593e7a4a1ba1000119
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください